病棟

下肢静脈瘤で悩んだら名医に相談|病気と闘い打ち勝つ

人間の抗体は素晴らしい

看護師

体本来の力を利用する

免疫療法とは体が本来持っている免疫力を利用し病気と闘う方法です。病気になると免疫力が低下します。そのため病気に打ち勝つために薬を投与し体の抗体を強めたり外からの細菌やウィルスの侵入などを防がないと病気がさらに悪化してしまいます。免疫とは人間の体の中では素晴らしい機能を持っています。外気にさらされた状態では通常外からの細菌やウィルスなど害のあるものを常に受け入れている状態です。もし人間の体に抗体がなければ、最近やウィルスに侵されて死に至ってしまいます。しかし生きていられるのは人間の体に抗体を持っているからです。これが免疫力です。積極的に外部から侵入してくるものをシャットアウトしてくれて体を守ってくれています。

がんにも効果のある治療法

体のなかの遺物を取り除くのは血液の役目です。赤血球や白血球などの細胞が相互に連携し排除しているのです。この免疫力を高めて病気と自然と戦わせることで免疫治療させます。病気で弱ると免疫力が低下します。その免疫力を人工的に強めるのが免疫治療で、人間の体本来の力を利用するため、薬などによる副作用が発生しないことがメリットです。薬など外部からの侵入と判断されると体の免疫力が働くため、ますます免疫力が落ちるのです。免疫治療はその心配がないため医療では最も効果的な方法なのです。免疫治療で免疫力が増加するとその分抗体もできます。抗体は継続的に外部からの侵入を防止する効果があるため、効果が倍増します。がんなど治療が困難な病気にも役立てることができます。

Copyright© 2016 下肢静脈瘤で悩んだら名医に相談|病気と闘い打ち勝つAll Rights Reserved.