病棟

下肢静脈瘤で悩んだら名医に相談|病気と闘い打ち勝つ

人間の抗体は素晴らしい

看護師

人間の体に本来持ち合わせている免疫力を上手に活用して病気と闘う方法が免疫療法です。薬は効果こそありますが、副作用が心配事です。しかし免疫治療には副作用はねいというメリットがあります。がんなどの治療が難しい病気にも活用できます。

View Detail

高血圧症の治療

病院

都筑区の循環器内科では高血圧症の精密検査が受けられ、薬物療法や食事療法で血圧を下げることができる。都筑区の循環器内科には禁煙外来があり、医師の指導で禁煙に取り組める。禁煙外来に通って禁煙に成功すると、高血圧症の予防につながる。

View Detail

足の静脈の病気とは

医者

ふくらはぎにできるコブ

下肢静脈瘤になった母を連れて、その手術で名医と言われているクリニックに行ってきました。名医と評判なだけあって待合室は患者であふれ座る場所もないほどです。足の悪い母のために椅子を用意してもらい、待つことほぼ2時間半でやっと診察開始です。母の下肢静脈瘤は状態が悪く、ふくらはぎの静脈が浮き出てところどころコブのようになっています。そのせいで足がだるく、つったりして痛むこともあり診察の結果手術が必要とのことでした。下肢静脈瘤の手術は、日帰りができ入院の必要もありません。しかし、名医と評判のクリニックだけに手術は半年待たなければできないそうです。どうしようかと迷いましたが緊急を要するものではないので待つことにしました。病気と闘い打ち勝つ事で、明るい未来への第一歩となるのです。

足のむくみを改善するには

下肢静脈瘤の手術を待つ間は、弾性ストッキングを着用して足の血管が膨らむのを防ぎます。これは、足のむくみを改善してくれますが、圧力が強いので高齢の母が履くのには時間がかかります。また、クリニックで教えてもらった足のマッサージを毎日して血行をよくするように心がけています。症状の軽い部分の下肢静脈瘤は、硬化療法という方法で治療しています、これは薬液をコブの部分に注射して固める治療です。固まったコブは、その後自然に体内に吸収されなくなってしまいます。名医と評判のこのクリニックで治療すると術後の経過もよく悪化した下肢静脈瘤もキレイになおると評判です。それにここは循環器内科としての腕も確かで多くの人がホームドクターとして利用しています。

医療機関の検索に便利

Flower

体が病気である場合腕の良い医師や評判の良い医療機関にかかりたいと考える方は多いと考えられており、口コミサイトが人気です。口コミサイトでは、医師や看護師についての感想や設備などについて知ることができます。

View Detail

Copyright© 2016 下肢静脈瘤で悩んだら名医に相談|病気と闘い打ち勝つAll Rights Reserved.